鳥取で51人参加の個人参加フットサル大会を開催しました!

この記事は超絶長いです。

スクロールだけでも大変なので(特にスマホの人)、覚悟して先に進んでください笑

ラビサル初となる『個サル大会』を開催しました!

2017年9月16日(土)
15:00~18:30 個サル大会@鳥取市民体育館
19:30~22:00 打ち上げ@もぐら屋さん

ジュンイチ

いやー、大盛り上がり大会でしたね!

参加された48名のプレイヤーの方々、そして運営スタッフの3名、みなさんお疲れ様でした!

個サル大会をやろうと決めたひと月ほど前から徐々に動き出し、開催直前には運営スタッフで集まって夜な夜な遅くまで打ち合わせという学祭のようなノリで準備をして、当日は夢中で、そして終わって数日は、昔まさに学祭が終わった後に感じたような.. 興奮冷めやらぬ感がスゴかったです。笑

 

当記事は個サル大会のレビューですが、少々これまでの想いを織り交ぜながら話をさせてください。(長くなります)

この記事では、ラビサルの個サル大会に参加された方向けに楽しんでもらうのはモチロンですが、鳥取以外のどこかでもこのような個サル大会を開催しようとしている方がもし居て、この記事がその助けになればハッピーです◎

当記事では厳選して写真を貼っていますが、今回の大会&打ち上げの写真は当日配布した紙に書いたURL&QRコードのアクセス先の【Googleフォト】にアップしていますので、欲しい写真はダウンロードしてください。

「URL控えるの忘れた!」「リサイズ前のもっと高画質の画像が欲しいんだけど!」という方は個別でご連絡ください。なお、その場合は LINE@経由での連絡がスムーズで嬉しいです!
(現代はLINEがスタンダードだし、メールでのやり取りはタイムラグが発生するので無くしていく方向にしたいと考えています)

LINE@の登録がまだの方はこの機会にコチラから☻
登録いただくと自動リプライで僕が喋るので、それに対してフツーにLINEしてもらうと僕と1対1でのトークができます◎

※参加者のみなさんには当ブログへの写真掲載許可を頂いています。
(NG頂いた数名は除いています)

個サル大会を開催するにあたっての前置き

今年の2月、僕は地元鳥取へのUターンをキッカケにラビサルトットリ(以下ラビサル)の活動をひとりスタートしました。

ラビサルは鳥取のフットボール(フットサル・サッカー・ビーチサッカーなど)の情報発信がメインのサイトですが、個人参加フットサル(個サル)も開催しています。

正直なところ、ラビサルは個サルの開催&ブログ更新がメインのように見えているかなと思いますが(笑)、本来は個サルの開催が目的ではなく、ラビサルのサイトを見て頂いた方や、個サルに参加して頂いた方にとっての鳥取でのフットボールライフの助けになりたいというのが最大の目的です。その中で個サル開催は、鳥取市のフットサルシーンの幅を広げられることと、リアルなコミュニケーションができるため開催を続けています。

以前、鳥取市でのフットサル事情を調べた際に、「経験者がボールを蹴る環境はありそうだけど、初心者や未経験者がフットサルを始めるキッカケとなるような場が無いんじゃないか?新規参入する人が少ないそんな状況では、フットサルシーンが発展する事は考え難く、(´-`).。oO(つまりそれって衰退しかないんじゃないのか?… )」

という危機感すら感じて立ち上げた個サルコミュニティでしたが、7ヵ月活動を続けて来て、僕自身、11年間も地元を離れていたため仲良く頻繁に遊ぶ友だちも少ない状況で、ラビサルの個サルを通じて知り合えた方々の存在は大きく、みなさんのお陰でとても楽しく開催を続けられています^^

その活動も早いものでスタートしてから7ヵ月間で、ラビサルの個サルには延べ人数で400人オーバーもの方に参加して頂きました!

このあたりの想いについては、当サイトではなく僕のメインブログ『ジェイジャニ』の方に記事を書いています。ご覧になっていない方はコチラも見てやってください(熱く語っちゃってます)。

ジェイジャニ
鳥取で個人参加フットサルをスタートして半年で参加者400名オーバー!【今後成し遂げたいコト】 - ジェイジャニ

 

そして、ひとりで始めたラビサルも、有難い事に今ではその活動に賛同してくれる方、サポートしてくれる方も増えてきて、今回の個サル大会を開催できるまでになりました!
ありがとうございますありがとうございます( ^ω^ )

ラビサルの個サル大会でやりたかったコト

鳥取市にフットサルの大会が圧倒的に少ないというコトは感じていたので大会の開催は実現したいと思っていましたが、ただ単純にチームを集めて大会をしたかっただけではありません。

既存チーム向けの大会の開催というよりは、やはりラビサルの目的に即して初心者・未経験者が気兼ねなく参加できて、フットサル大会の魅力を発見してもらえるような大会にしたいという想いがありました。そこで個サル大会というカタチにしました。

通常のラビサルの個サルではヤル気/ワイワイと2つのコースに分けているのに、今回の個サル大会ではコース分けをせずに開催しました。

通常の個サル開催でコースが分かれている状況では、同じコースで、さらに同じチームになった場合にしかコミュニケーションが発生しません。それが凄くもったいないと常々感じていました。鳥取のような地方での個サルでは顕著ですが、参加者のうち一見さんの割合が少なく、何度も参加して頂く常連さんの方が多くなります。そんな参加する顔ぶれがほぼ固定されている中にあってコミュニケーションを取らないのは非常にもったいないと感じます。

僕の理想のイメージとしては、数少ない知っている人とだけ喋るのではなく、個サルに参加するみんなが顔見知りになって、友だちのようにファミリーのようにコミュニケーションを取れる場になれば最高じゃないかと思っています。

もしその中に気の合う人がいたら仲良くなったり、また会ったときに挨拶してさらにお喋りが進んだり、飲みに行ったりと、それがステキな出会いに繋がる可能性を秘めているワケですよ。それをしないで個サルだけやってるのはもったいないな、と思うワケですよ。

ただの理想でしょうか?僕は極めて真面目ですよ?笑

ジュンイチ
あー、もったいない!もったいない!

せっかく近くに居るのにフットサルだけやって喋らないなんてもったいない!

 

・・・というようなコトをずっと思っていたので、この個サル大会ではそのコース分けを取っ払って、普段交流のない人同士のコミュニケーションを生み出すコトを隠れた目的としていました。

そしてクジ引きで運命的に同じチームになった人同士が試合をするうちにひとつになっていく様を運営として楽しく見ていよう、と。笑

 

しかし、初心者・経験者が同じフィールドで試合をする場合に課題となってくるコトがあります。「初心者プレイヤーの遠慮」ですね。

大会という形式で勝利を目指すとなると、同じチーム6人いると一人は休憩枠になるので、経験者が長く出場した方が勝利に近づくことは明白ですよね、そうなると初心者が出場し難くなってしまいます。

「自分が出るより経験者の方が出てください」みたいな。実際に今回の大会の中でもその意見を聞きましたね、肩身が狭そうな感じで言われてました…が、ラビサルの個サル大会ではそうはさせませんでした笑。
みんなで作ってみんなで参加して楽しむ!

 

当日、開会式で説明しましたが、交代順番を明確にルール化して、みんなが同じ時間だけ出場するような仕組みにしました。

正直なところ、1試合に2回の交代タイミングが発生するため試合中バタバタすることは分かっていたので葛藤はありましたが、上記の目的のためにこのようにしました。
(もっとスマートなやり方ないもんかなあ..)

ラビサルの個サル大会の概要

今回の個サル大会はこのようにしました。

以下、印刷して大会当日に各チームに配った内容です。

タイムテーブル

2017-09-19_23h11_23

※当日は時間がおした都合で、3・4位決定戦と決勝戦を同時刻2コートでの実施に変更しました。

説明・アナウンス内容

コンセプト

『運命的に同じチームになったメンバーみんなで協力して勝利に向かいながらフットサルを楽しむ』

  • 全員が笑顔で楽しく!
  • 全員が怪我をしないさせない!
  • そして最終的に美味しいお酒を飲みたいよ。

個サル大会の概要&流れ

  • 1チーム6名×8チームでの個サル大会
  • 基本的なイメージは通常開催している個サルと同様、それに加えてスコア・順位を付ける。
  • 審判&スコア付けを担当チームにてお願いします。⇒試合結果は試合後に本部に報告してください
  • 4チーム毎のブロック(【ラ】と【ビ】)での予選リーグ(総当たり) ⇒ 全体での順位決定戦
  • 試合はランニングタイム、BCコートの試合は同時に開始します。

<予選リーグ戦について>

  • 1試合10分、順位決定戦は1試合12分(進行状況により変動アリ)
  • 勝ち点方式:勝ち3点、引き分け1点、負け0点
  • 勝ち点が並んだ場合は、得失点差、直接対決、じゃんけんの順で勝敗を決定する。

<順位決定戦について>

  • 予選リーグでの順位が同じチーム同士が戦う。
  • 同点の場合はサドンデス方式のPK戦で決する。(進行状況によって変動あり)

試合中の交代

  • 試合に出場できるのは同時に1チーム5人まで。(ひとりがキーパー、ひとりが休憩です)
  • 1チーム6人のメンバーで、2人組×3つ作ってください。①②③とします。
  • 試合時間の1/3毎に声をかけるので、声をかけてから30秒以内を目途にタイミングを見て交代をしてください。

例)10分の試合であれば、3分、6分半の時に声をかけます。
スタート時、①の2人がキーパー&休憩、②③はフィールドプレイヤー
次に、②の2人がキーパー&休憩、①③はフィールドプレイヤー
次に、③の2人がキーパー&休憩、①②はフィールドプレイヤー

細かいルール

  • 通常開催している個サルと同様、基本的にはセルフジャッジで行う
  • 1試合に1名の審判がつくが、あくまでも試合が荒れないよう危険なプレイを制止+困った時の判断の役目
  • 激しいタックルなどフィジカルに物を言わせるプレイは禁止
  • 真剣にプレイするのはOK、熱くなってラフなプレイはNG
  • 女性、子供が前にいる場合は強いシュートは禁止とします。(女性、子供に優しい男性が正義です)
  • ゴールが決まった時は、チームメイト全員とハイタッチ!(ハイタッチが漏れた場合はゴールが認められません)
  • キックインでは相手チームのプレイヤーは5m以上離れる。
  • 得点が入ったらセンターでのキックオフで再開です。
  • チーム分けのクジを【4】から引いたプレイヤーの得点は2点
  • チーム分けのクジを【4】から引いたプレイヤーがファウルを受けた場合は、即PKとする。

賞品について

  • 優勝と3位にステキな賞品があります。
  • 2位と4位に安上がりな賞品があります。

撮影物について

  • 撮影した写真は、近日中にGoogleフォトにアップします。
    ※この点は参加者へのみURLをお教えします。
  • 撮影した動画は、美味しいお酒のために打ち上げにてプロジェクター投影します。
  • 撮影した写真&動画はブログおよびYouTubeにアップすることがあります。(困る方は個別におしえてください)
スポンサーリンク

運営スタッフ&お手伝いの仕事っぷりが光ってた

まずはこの場を借りて、

ジュンイチ
ねぇ、こんな感じの個サル大会をやりたいんだけど..

みんなー、協力しておーくれ!

ってアホ面でワガママを言う僕にひとつも文句を言わず手伝ってくれた運営スタッフ&チームメイトのみんな、ありがとうございました!

▼準備を手伝ってくれたラビサルF.C.のみんな

s-DSC_2392

▼僕#11を含めた運営スタッフの3人

s-DSC_2525
ソテツ#13は全体のサポートでスムーズな進行を支えてくれて、
ダイチ#99はカメラ担当でこの日1000枚を超える写真を撮影してくれてました。
写真の選別が..終わらない.. ギャーーー!(嬉しい悲鳴。笑)

▼大会本部兼DJブースを設営&大会中ずっとテンション上がるチューンを提供して頂いたおふたり!スーパー感謝です!

s-IMG_0307 s-IMG_0303

▲こんなかっちょいい一角にして頂きました。このラビサルの「ラ」マークもサプライズで手書きで仕込んで下さってました。このー、喜ばせ上手!!笑

 

▼そして今回、足りてないビブスとボールを貸して頂いたすなばスポーツ代表の岸本さん、ありがとうございますいつもお世話になってます!

s-DSC_3851

▼この日のためにわざわざ大阪から参戦してくれた僕の前職時代の同期さとし。プレイヤーをしながらカメラ撮影もしてくれるスーパーな動きをしてくれました、ありがとう◎

s-DSC_4280

そして、参加者のみなさんにも当日のコート設営&撤去を手伝って頂きました、ご協力ありがとうございました!

▼みなさん超協力的でソッコー設営&撤去できました◎

s-DSC_2402

賞品は何にしようかめっちゃ迷った/(^o^)\

初めての大会というコトもあり、大盤振る舞いスタートダッシュキャンペーン(←)で上位4チームに賞品を用意し、優勝と3位を豪華にしました。
(次回以降、この賞品クオリティを求めないでくださいね笑)

そうなると、

みなさん
優勝と3位が豪華って.. え?2位は?

どうなってるの?え?アホなの?

ってなりますよね。

クジ引きでのチームや割り振られるブロックという運が大きく絡むなかで順位決定戦までたどり着いて、最終的にその順位決定戦で勝利したチームを称えるという考え方にしました。
(モチロンこの方式は開会式で事前のアナウンスをしました)

  • 優勝チームはKELMEのお揃いのユニフォーム
  • 3位チームはSVOLMEのお揃いのシューズ袋
  • 2位と4位チームには(株)やおきんのうまい棒30本でした笑。

▼優勝チームのKELMEおそろユニ

kosal-taikai_20170916 (27)

▼3位チームのSVOLMEおそろシューズ袋

kosal-taikai_20170916 (26)

個サル大会って、その日限りのチームですが、結果を残したチームに何かチーム感を感じられる物がいいな と思ってお揃いグッズにしました。

今後、個サルに参加する時に使って着て来て(持って来て)、「あっ、あの時のアレね!」「私も持ってる持ってるー!」みたいなのを期待してます笑。

運的要素も含め、チーム作りこそが個サル大会の醍醐味

個サル大会をする上で最も大切なポイントだと思ったのは、初心者・経験者が混ざった状況で漏れなく全員が楽しめるかという点です。

今回、6人チームを8つ作りましたが、チームの分け方は工夫しました。

 

前提として、この大会は普段の個サルに参加してくださっている方が多くで、今回が初参加という人は少数派でした。ですので、エントリー頂いた時点で僕は参加者みなさんのだいたいのレベル感が分かっていたので、まず各チームのリーダーになる人を8人選出しました。

このリーダー8人には、当日早めに集合してもらって全体を通しての事前説明をしました。加えて審判のお願いもしました。
(審判ご協力ありがとうございました!)

リーダー選出は、チームをまとめる力を持っている(と僕が感じた)、審判ができる知識を持っている(であろう)、というのが選出基準です。

 

▼各チームのリーダー説明会。なんだか人数足りてないですが笑

s-DSC_2395

そして、リーダー8人を除く40人を3つのレベルカテゴリーに分けて、そのカテゴリーのクジを引いてもらうことで各チームのレベルが拮抗する状況を作りました。

並べてみるとこんな感じですね。

  1. リーダー
  2. ヤル気
  3. ワイワイ
  4. 初心者(ゴール2点)

 

▼受付してもらった際に、「●●さんは④の紙袋からクジを引いてくださいね♡」と言った具合です。

s-DSC_3830

▼受付が済んだ人には、この日のために特別に発注しておいたリストバンドを渡して、チームメンバーが分かるようにしました。

s-DSC_2393

▼8チームを国名チームに分けました。当日の明け方に絵心の無い僕が作った国名の紙を壁に貼ってチーム毎のホームにしました。

s-IMG_0330
ちなみに、リストバンドの色をサッカーFIFAランキングの上位からナショナルカラー(もしくはイメージカラー)と紐づけました(ドイツ・スイス・ブラジル・オランダ・フランス・アルゼンチン・メキシコ)。※発注可能だったリストバンドの色の問題で、1つだけ国じゃないチーム(ガイナーレ)が混ざってますが、ご愛敬。笑

s-DSC_2406

▲試合前のアップ中。最初こそ「クジでたまたま同じ色を引いただけのメンバーがチームに仕立て上げられた感」がありますが、この後スグにそれぞれのチームのカラーが出始め、徐々にみんなが打ち解けてチームらしくなっていく様がね、もう最高でしたね\(^o^)/

 

さーて、ここまで非常に長くなりましたが、ゲームの様子をいつものように写真でみんなの笑顔を振り返っていってみましょう!

 

▼はい!個サル大会の始まり始まりー!

s-DSC_4047
スポンサーリンク

写真で振り返る個サル大会

▼ドイツチーム☻ぶら下がりスタイル!

s-DSC_2445

▼見よ!リーダーのこのクイックネス!

s-DSC_4116

▼この写真の雰囲気スキ

s-DSC_4144

▼ガイナーレチーム☻

▼交代のし方を話し合ってる?のかな

s-DSC_4192

▼こうしてチームになっていくのです

s-DSC_4397

▼フランスチーム☻

s-DSC_2439

▼チームメイトも周りのみんなもみんな笑顔!

s-DSC_4146

▼オランダチーム☻すごくイイ表情をしてます!

s-DSC_4208

▼そんな楽しい雰囲気を作って引っ張ってくれたチームリーダー!

s-DSC_4043

▼どれだけのチームワークが生まれたか、この笑顔を見れば分かりますね☻

▼スイスチーム☻

s-DSC_4169

▼スイスチームリーダー岸本さん☻☻☻全開の笑顔

s-DSC_4377

▼ブラジルチーム☻
(写真NGの方を「ラ」で隠してみたけど.. この違和感。笑)

s-DSC_4352

▼ブラジルチームリーダーかっきーさん ボールを前に進めます!

kosal-taikai_20170916 (8)

▼メキシコチーム☻

▼そうです!得点決めたらハイタッチですよー!

s-DSC_4079

▼イェェエエエーーイ!( って.. ハイタッチズレてません?笑)

s-DSC_4080

▼今大会唯一の小学生プレイヤー!普段の個サルにもこの大会にも親子揃っての参戦☻

s-DSC_4099

▼このさわやかな笑顔よ!

s-DSC_4281

▼アルゼンチンチーム☻

kosal-taikai_20170916 (17)

▼当日キャンセルが発生したひと枠に急遽参加して頂きありがとうございます^^非常に助かりました!

s-DSC_4268

▼アルゼンチンチームのリーダーめっちゃ浮くーーー!!

s-DSC_4271

▼「ハイタッチが.. た、高い.. 」

kosal-taikai_20170916 (18)

 

▼試合後に、「こんな事があったんだけどどう対応すれば?」っていう有難い意見を頂くシーンも。次回に繋がります◎

s-DSC_4050

 

▼はーい!それではみなさんお待ちかね
ここから女性プレイヤー特集ですよー! スタート!

s-DSC_4335

▼三朝から毎回1時間かけてラビサルの個サルに参加いただいています☻

s-DSC_4359

▼8月の初参加から定期的に参加☻初参加の時から比べて段違いに上手くなってます!

s-DSC_4379

▼フットサル経験はラビサルの個サル1回のみ!けど大会参加!ステキ☻

s-DSC_3983

▼同じくフットサルはラビサルの個サル1回のみ☻ でしたが..決勝戦では同点となる劇的2ポイントゴール決めました!

▼フットサルもビーチもこなすさすがのプレイヤーは女性と言えど2点ゴールではありません!ご了承ください!笑

s-DSC_4059

▼ラビサル立ち上げて早い段階から参加してくれてるつーちゃん☻

s-DSC_4114

▼同じくちーちゃん☻笑顔ステキかよ!

▼うっ.. 浮いてる.. (ふわり)

s-DSC_4178

▼初心者女性プレイヤーに加えて、今回唯一の小学生プレイヤーも2ポイントゴール!(ピンクのリストバンドが2点の人ね)

s-DSC_4093

▼ナイスゴールで弾けるスマイル!あいさんのピンクリストバンドは僕的には大サービス。笑

s-DSC_4393

▼まるでマンガのような頭の抱え方。シュート外した系かな?笑

s-DSC_2461

▼はーい!残念だけど女性プレイヤー特集ここまでー!(お会計ください)

s-DSC_4273

 

▼続いて遠方から参加特集!帰省タイミングを合わせての参加(東京より)

s-DSC_4029

▼ソロで抜いてたの後ろ姿しかなかった!個サル大会前の個サルにも2時間かけて参加して頂きました(米子より)

s-DSC_4203

▼なんだかデキるオトコ風なショット(大阪より)

s-DSC_4165

▼もりさとクンの水泳で鍛えたフィジカルよ!(米子より)

s-DSC_4037

 

▼イイ表情!大会をやった甲斐あったなーと思った一枚!

s-DSC_2448

▼リーダーシップとスキルの両面でチームを引っ張るアルゼンチンチームのリーダー

s-DSC_2454

▼結果、決勝の死闘PKを制してのアルゼンチンチーム優勝!

kosal-taikai_20170916 (21)

▼決勝の残り時間1分、ドラマチックな女性2点ゴールで4-4の同点に追いついたものの、惜しくもPK外して敗れたフランスチーム

s-DSC_2477

▼この状況を1枚の写真で表現した… 題して『天国と地獄』

s-DSC_2474

▼全ての試合が終わってこのような結果となりました!

kosal-taikai_20170916 (28)

▼終始動き回って汗をかいてくれた、痒い所に手が届く系ユーティリティプレイヤーのソテツ

s-DSC_2420

▼ずーーっとバズーカのようなカメラを持って裏方に徹してて、カメラの重さで筋肉痛になったらしいダイチ(Nikon D750)

s-DSC_2430

▼そしてみんな物憂げな表情の閉会式(´-`).。oO(楽しい時間は過ぎるの早いな..

s-DSC_2487

▼閉会式でみなさんイイ表情で笑ってます◎うんうん、きっと僕がマイクで面白いコトを言ったんでしょう!(きっとそう←)

s-DSC_2504

▲▼表彰式で喜んで頂いていますが、2位と4位はうまい棒ですすいません笑。

▼優勝したアルゼンチンチームのリーダー林くんに急に振りましたが、完璧なコメントでした!

▼きっと、「ジュンイチの企画にしてはまあまあ面白かったな」と言っている表情のビーチサッカー仲間たち(←都合いい解釈)

s-DSC_2513

▼そして恒例の「手前にフォーカスするとムダにお洒落な写真が撮れる」法則

s-DSC_4159

▼知らないうちにこんなのも撮ってくれていました。

kosal-taikai_20170916 (15)

▼ダイチの手に掛かれば体育館のベンチですらお洒落に目覚める

s-DSC_4367

と、大会の写真ピックアップした結果、けっこーいっぱいになったんですが、打ち上げ編もあります。まだ続けます。

スポンサーリンク

写真で振り返る打ち上げ@もぐら屋さん

▼ソテツ「打ち上げのとりまとめ俺なんだけど、もうスタートしちゃってもいいっすか?」
ジュンイチ「しちゃってしちゃってー!」

s-DSC_2533

▼手前にフォーカスするとお洒落なsy..

kosal-taikai_20170916 (33)

▼手前にフォーカs.. (もうええって)

s-DSC_2547

▼そんなん言うてる間に始まってまーす!

s-DSC_2554

▼お疲れさま!乾杯!楽しかった!がいっぱい聞こえてきたハッピーな打ち上げでした☻

s-DSC_2548

▼フランスチームリーダーのしゅんちゃんはPK外したのをソテツにめっちゃいじられてた笑

s-DSC_2550

▼ガイナーレチームリーダーのしゅんちゃん!この表情☻☻☻

s-DSC_2564

▼メキシコチームは二次会への参加率高し!

s-DSC_2589

▼ジュンイチ「来週末って空いてる?鳥取おいでよ、空いてるよね?」
さとし「あ、うん フットサルの用意持っていったらいい?」
大阪からわざわざ来てくれてありがとさん!さすがさとしさんやで。

kosal-taikai_20170916 (36) s-DSC_2602

▲▼個サル大会の直前の個サルに参加してくれたフットサル始めたばかりの仲良しふたり組。そんな経験値を物ともせず大会 ⇒ 打ち上げまでキッチリ参加して頂き、盛り上げに一役買ってくれました!そうです、楽しんだ人が正義なのです☻

s-DSC_2635

▲「ラ」マーク綺麗にできてる!推進部長に認定します、広めていきましょう笑

▼似、似ている.. (完全に一致)

s-DSC_2614

▼はーい!これにて打ち上げ終わりでーす!

s-DSC_2659

 

そして、もぐら屋さんでの打ち上げが終わったあとも場所を移して、まだ帰りたくない20人ほどでAM3時前まで飲んでたっていう.. みんなエネルギーあり過ぎどんだけ楽しい夜やねん!
(翌日は安定のスロースタートでした)

今回の総評と、今度はこうしたい!

今回、手探りながら個サル大会を主催してみて初めて感じたコトや分かったコトが多くありました。

鳥取市で50人規模の個サル大会ができる事が分かった&みんなの笑顔が最高だった

やはり一番の成果はコレですね!
運営スタッフみんな口を揃えて「自分も混ざりたい.. ってずっと言ってた」。

次回は運営スタッフ枠を作ろうかな。フルフルは難しいけど、ひと枠を運営スタッフ入れ替わりで回すみたいな枠

 

受付&設営&チーム内コミュニケーションでスタート1hを確保しておく

s-DSC_2401

受付はスーパー混雑してました。もっとスムーズな流れを作る施策が必要ですね。

kosal-taikai_20170916 (24)

受付が終わらない事にはコートに入れない、つまり設営が始められない点が改善点でした。

開会式が終わって1試合目が始まるまでの時間をもっと長くてもいいなと思ったので、受付・設営含めて序盤に時間的な余裕を持つようにタイムテーブルを是正です。

 

校長先生ばりに永遠とも感じられるルール説明

参加された全ての人が漏れなく思ったハズですが、開会式の際の僕のルール説明が非常に長かったと思います。「いや、もうええから」ってなったと思います笑。

ただ、初心者・経験者が別のカテゴリーではなく同じチームに混ざっての大会であり、フットサルやサッカーに対しての経験値が千差万別である中でも漏れなく全員に同じ基準で楽しんでもらいたいのと、「それ聞いてなくて勘違いしてた/(^o^)\」を無くしたくて伝えたいコトが多すぎての説明長いテロでした←

受付で手間取って時間がおしている状況にも関わらず、さらに開会式のルール説明でも時間がおしてしまい申し訳ありませんm(. .)m

 

コートの使い方

s-DSC_4339

この画像で言うと、手前からAコート:本部・アップ用、Bコート&Cコート:試合用にしました。が、マイクのあるAコートと反対の端Cコートが離れ過ぎててマイクの声が聴き取りづらかったですよね..

次回はBコート:本部・アップ用、ACコート:試合用がいいかな。コート抑えれるかどうか次第でそのように!

 

ゴレイロ専門プレイヤーについて

kosal-taikai_20170916 (13)

チームメイト6人で、1試合に2回の交代、時間にして一人当たり2/3ずつフィールドプレイヤーとして出場する感じでした。(残りの1/3がゴレイロ or 休憩)

今回、ゴレイロ専門のプレイヤーも含めて同じ交代ルールとしました。ゴレイロ専門の方にはフィールドもやってもらう事になって心苦しいところでしたが、経験者がゴレイロ張り付きになってしまうとパワーバランスが崩れてしまうと思い、そのようにしました。

フットサルは「ゴレイロ5割」と言われるほどにゴレイロの力量によって大きく変わってきますからね、ゴレイロ専門プレイヤーが居るチームは試合の1/3の時間は守備力バツグンだぜ!という前向きな捉え方をしてくださいますよう。

おそらく次回以降も同じ考え方になるかと思います。フィールドプレイヤーもゴレイロを、ゴレイロもフィールドを、交代でやりましょう個サル大会です!

 

試合中のMCを誰かに託す

s-DSC_3857

誰かMCをお手伝いいただける方いませんか?

開会式と閉会式は僕が喋るにしても、試合中の実況(いじり)とか交代タイミングのアナウンスとか特に!

 

交代のルールについて

もっとシンプル&スムーズに不公平感なく交代できる方法を考える必要ありますね

 

キックオフシュートは無しにする

失点を許してしまった直後のキックオフシュートでゴールをしているシーンがありましたが、これは無しにしたい。

「あっ、言ってなかった..」ってなりましたね。あんだけ長いルール説明したのに漏れてた笑。

 

審判基準の統一が必要

個サルと同じくセルフジャッジを基本とし、審判はあくまでもゲームが荒れないように危険なプレイが起こったときにコントロールする役割でした。

しかし、「危険なプレイ」や「危険な状況になりかねない危ういプレイ」の基準がまちまちでした。これは統一した基準を持って運営側でやるべきでしょう

 

審判用ホイッスルが足りなかった

試合間の入れ替え時間を3分でスケジューリングしてましたが、実際3分間は試合が終わったらスグ次の試合の呼び込みをして.. という余裕のない間隔でした。

審判用ホイッスルを2つ用意していましたが、次の審判との受け渡しがスムーズにいかないシーンが多かったのでホイッスルの数を増やす必要があるかな
(まぁ、ひとつ上で書いた審判を運営でやるなら問題にはならないかも)

そういう意味では、ビブスは試合毎に交換しなくていいようにチーム毎に固定で準備できたので◎でした。

 

 

さて、いくつか挙げてみましたが、これらは次回の個サル大会に生かします!この他にも気づいた点あればお気軽にご意見ください!みんなの意見を反映させてより楽しめる大会にしたいです\(^o^)/

まとめのヒトコト

上でも書きましたが、僕は運営をしながらみんなのコミュニケーションが進んでいく様子、チームができあがっていく様子を見てとても嬉しく感じていました。これこそが個サル大会の醍醐味だな、と^^

一緒に運営スタッフをやり切ってくれた ソテツ&ダイチ にも個サル大会のコメントをもらったので紹介します\(^o^)/

ソテツ
今大会の参加人数は定員いっぱいの48名と多数のご参加ありがとうございました!!!

個サルの常連さんだけでなく、新規参加者にも多数参加していただき大変盛り上がった大会となりました!

僕自身としては、大会をはじめとし打ち上げでも様々な方とお話することができ大変満足できる1日となりました。運営として至らない点があったと思いますが、助けてくれた運営の二人、そしていっしょに大会を盛り上げてくれた参加者のみなさまにとても感謝しています。

今大会の反省を糧にして、今後もラビサルを盛り上げていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします!

最後になりましたが、優勝されたチームアルゼンチンのみなさんおめでとうございました!!

ダイチ
参加された皆さん、ここまで長い記事を読み進めた皆さんも、お疲れ様でした!

ジュンさん、ソテツさんと3人で準備してる間もよだれを垂らして爆睡し、当日もどっぷり参加してる方と運営陣に頼りっぱなしでしたが、僕自身もすごく楽しめた大会でした!

大会の進行も準備不足でバタバタした点もありますが、アットホームな感じで素敵やん(°▽°)!と開き直ってます!笑

反省1割、この楽しさをより高めることを9割にと今後に活かしていきたい所存です。今後の最大の課題はもうちょっと「ラ」っぽいポーズを考えることかなぁと強く感じてます。すごく。

とまぁコメントでもふざけ倒しましたが、参加してくれた方をはじめ、福岡から鳥取に移り住んで半年経たずで色んな人と知り合って、こういう大会の運営に携わらせてもらえたこと自体に感謝してます!今回参加できなかった方も、参加して頂いた方も、次回参加して頂けたらと思います!

次回も楽しい大会にしてもっといい写真撮ります( ´∀`)
ありがとうございました!!

 

ふたりは今後もラビサルを一緒に盛り上げてくれるので、みなさんお見知りおきくださいね!

 

ではでは、超絶長くなりましたが、運営も次回の大会に向けてブラッシュアップしていきます。(´-`).。oO(3ヵ月に1度とか定期的に開催して定着する大会にできたらいいなぁ)

今回の個サル大会をやった事でラビサルでのコミュニケーションが加速されれば大成功!引き続きラビサルをよろしくお願いします\(^o^)/
enjoy Futsal!! ☻ enjoy RABISAL no KOSAL!!

スポンサーリンク

この記事がよかったら
いいね ! ください^^

The following two tabs change content below.
ジュンイチ

ジュンイチ

ラビサルの代表です。
大阪と東京に住んでいた頃に個サルに通っていて仲間ができて楽しく過ごせた経験があり、地元鳥取でもそんなコミュニティを作り、継続させたいと考えています。
[じゅんいっちゃんねる]というブログをやっていて、ここ最近は仮想通貨にハマっています☻

コメントを残す