【重要】参加される方へ

【必読】個サルの開催要項を一部変更します!最大人数24名で1試合10分へ

まいどこんにちは!ラビサル代表のジュンイチです。

盆が過ぎて海にもクラゲが出始めました、8月下旬ですね、夏が終わりに向かっているのを感じますね。

僕は今年の2月下旬に鳥取にUターンしてきて、ラビサルの個人参加フットサルをスタートしましたが、早いものでスタートしてから半年間が経ちました。

ということで、これまでの開催を整理しようと集計してみたところ、半年で延べ400名を超える方に参加して頂いていました!正直、こんなに多くの人に参加して頂けるとは思ってもいませんでした。

と、いう内容を先日、僕のメインブログの方で記事にしました。

半年間の個サル開催の振り返りと、現状のまとめ、今後の展望について書いています。

 

鳥取という地方で個人参加フットサルのスタートアップから半年で400名オーバーの方に参加いただきました!【そして、今後成し遂げたいコト】

 

今年35歳になるおっさんが個サルを通じての夢なんか語っちゃたりしてますが… 当サイトを見て頂いている方で僕のメインブログを知らないよ!という方はこの機会にゼヒゼヒご覧ください^^

個サル開催概要の変更ポイントはこの2点!

(メインブログの記事を読んで頂いたていで)

…と、いう想いで僕はラビサルを運営しています。

 

その半年間に個サルを開催する中で、もっとこうした方がいいんじゃないかな?

という気付きがあったので、半年というこの機にトライしてみようという想いがあり、記事タイトルのとおり個サルの開催概要を変更いたします!少しずつラビサルは進化したい!

今回、変更となる開催概要のポイントは大きくこの2点です。

  1. 個サルの参加上限人数を20名 ⇒ 24名にします。
  2. 1試合の時間を7分 ⇒ 10分にします。

 

次回8/24(木)の個サルから適用します。

※8/24開催分にエントリー頂いた参加者のみなさんには、個別にメール差し上げております。

 

そもそも、なぜこの変更をしようと考えたのか?について、説明していきます。

ラビサル個サルで解消したい課題

これまで開催するなかで、ラビサルの個サルにおいての課題だなと感じていた点を挙げてみます。

  • 体力的にハード(夏場はさらに顕著)。キーパー交代の順番によってはずっとプレイし続ける回がある。
  • 試合終わりのヤルキ ⇔ ワイワイの入れ替わりが多く、せわしない。
  • ヤルキとワイワイの試合回数と試合時間が出来るだけ同じになるように毎回調整しますが、現状のゲーム時間では中途半端な時間を残してラストゲームになってしまいがち。
  • キーパーを交代で回す際、怪我予防のため女性は積極的にキーパーに入らなくて良いようにしているため、結果的に男性のプレイ時間が短くなってしまいがち。また、女性は常にフィールドでプレイする事になるため7分間プレイし続けるというスタミナ面の問題も発生していました。

このようなコトを感じていました。

そして、これを解消するために考え出したのが前述の変更2ポイントです。

具体的にどうなるのか?キーパー&休憩の交代について

今回の変更で具体的にどう変わるのか説明します。

①上限人数を20名⇒24名に

これまで最大20名でしたが、24名に拡大します。

これによって下記のとおりになります。

  • 1チームは最大6人となります。4チームなので全体で2最大4名。
  • 1チーム6人のなかで2人組のペアを3つ(①②③)作ります。
  • まず①のペア2人のうち、どちらかがキーパーをします。もうひとりが休憩です。
  • ①→②→③→①→②→③→…という順番でキーパー&休憩を回します。
  • 2週目はペアの中でキーパーと休憩を交代します。(女性を含むペアの場合は、ペア内で相談のうえ男性がキーパー、女性が休憩固定でもOKです)

これでキーパーを除くフィールドプレイの時間が計算上同じになります。

 

文字では分かりにくいと思うので、理解を進めるためイメージ図にしてみるとこんな感じです。

▼全24名を1チーム6人ずつ、さらにチーム内で3つのペアに分けます。

regulation-change

▼実際にキーパー&休憩を回す順番はこんなイメージです。

regulation-change 2

上の図でイメージつきますでしょうか?

改めて個サル開催当日の始まりの会で説明します。

 

なお、稀におられるキーパー専任の方が参加されたときはその日の参加者と相談のうえ臨機応変に対応します。

②1試合の時間を7分⇒10分に

1試合の時間を7分から10分に延ばします。

これにより、計算上、開催時間の中でのヤルキとワイワイの試合時間&試合回数を同じにし易いく、ヤルキ⇔ワイワイの入れ替わりの回数が減ってせわしなさが解消されるハズと考えています。

 

なお、7分間のときは半分の3.5分でのみキーパーの交代をアナウンスしていましたが、10分間では3分、6.5分でアナウンスします。

交代のアナウンスおよびどちらかにゴールが入った時にキーパー&休憩を交代してください。

変更後はこうなる見込み

この変更で(おそらく)このようなメリットが生まれるのではないかと思っています。

上述の課題についてはもれなく解消できる予定です。

  • ぶっ続けのプレイが少なくなり、適度にインターバルが取れる。
  • 入れ替わりの回数が少なくなるため、バタバタが減って落ち着きを得られる。
  • 入れ替わりに要する時間が短くなることでプレイ時間に充てられ、人数が増えてもフィールドプレイ時間は変更前とほぼ同じ。
  • 休憩中のコースも10分インターバルがあるため今までより回復できる。
  • 計算上、2h(or 1.5h)の枠にうまい事ハマる。少々余裕があるはずなのでラストゲームで調整。
  • 男女のプレイ時間の平準化ができる。
  • ペアになった事をきっかけにコミュニケーションが捗る。
  • 運営的にもメリットがあり、ゲームが出来る最低限人数より人数的な余裕があるため、欠員が発生した場合も臨機応変な対応がしやすい。

ちなみに、このキーパー回しの方法を採用している個サルは僕が知る範囲では見たことがありませんが、思い付いたのでやってみたいと思います。

この交代の方法は、慣れている人が少ないということもあり、最初は少々混乱するかと思います。

しかしながら、一見さんが多くてコミュニケーションが取りにくいような個サルでは難しいかもしれませんが、コミュニケーションをたくさん取れるラビサルの個サルでは継続して出来るかなと思っています。

交代のし方が分かった人は、初参加の人や理解が追い付いていない人にアドバイス頂けますと嬉しいです。

そのようなコニュニケーションが生まれるコミュニティに育っていけばいいなと思っています。

やってみて、もし「思ってたんと違う―!」となったらまたブラッシュアップしようと思います。

まとめのヒトコト

本来であれば、今回の変更をアナウンスした上でエントリーの受付をすべき内容ですが、

準備が直前になってしまい結果的に急な変更となりまことに恐縮ですが、みなさま何卒ご協力くださいますようよろしくお願いしますm(_ _)m

ABOUT ME
ラビサル代表のジュンイチ☻
ラビサル代表のジュンイチ☻
'82年生まれ。フットサルとビーチサッカーをやります。ガイナーレ鳥取を応援しています。[じゅんいっちゃんねる]という月間たった2万PVしかないしょーもないブログをやっています☻ 実は本業はSE / WEB制作です。